出席管理システム

学生の履修や出欠、時間割をかんたんに管理します。

欠席や遅刻、早退情報から自動で出席率を算出します。3段階の出席率ボーダーと照らし合わせ、学生を段階的に自動ピックアップ、出席状況に応じた早期の学生指導を支援します。

  • 出席率ボーダー
  • タブレットによる出欠管理
  • 外部データのかんたん取り込み
  • 補講管理

出席管理システムの導入メリット

  • 出席不足の怖れがある学生を早い段階で発見し、指導・改善できます。

  • カードリーダーなどの外部機器と連携し、出欠登録の手間を削減します。

  • 授業の出欠から日や月の出欠を自動算出するので、簡単に出欠状況を確認できます。

  • 授業進度を確認しながら時間割を登録できます。講師・教室の重複もチェックします。

出欠業務(時間割・履修・出欠)での活用例

時間割の作成

時間割や外部講師への講義日程表が印刷できます。

履修登録

履修科目確認表や各授業の履修者名簿を自動で出力できます。

出欠登録

ICカードやタブレットを利用することで、日々の出欠登録の手間がなくなります。

出欠状況の確認
学生への指導

出席に問題のある学生を自動でピックアップし、早い段階での指導が行えます。

出欠席一覧表の印刷

授業の出欠状況や補講回数など、さまざまな情報をまとめて一覧表にできます。

出席管理システムのピックアップ機能「出席不足自動アラート機能」

欠席が増えてきた学生は、氏名の横に通知アイコンが表示されるようになります。
通知アイコンは出席率から算出されていて、単なる数字よりも出席状況を分かり易く表現しています。

通知アイコンは、学生の出席率に応じて、注意、警告、危険と段階的に変化します。日々の出席をとる過程で、学生の出席状況を視覚的に捉えていくことができます。

出席管理システムのピックアップ機能「出席カードリーダー連携機能」

ICカードリーダーなど外部の出席管理端末から打刻データをインポートできます。
インポートするフォーマットは学校様の機器に合わせて変更できます。

既にICカードや磁気カードを利用した出席管理設備をお持ちの場合でも、infoClipperと連携することで出欠情報をさらに有効活用できるようになります。

出席管理システムのピックアップ機能「週ごとの出欠集計表」

出席状況を1週間単位に並べて確認できます。
出席状況を日ごとにチェックする細かい視点・月で集計する大きな視点の他に、新しく週単位の視点を加えることで、学生の出席状況を効率的に把握できるようになります。

多種多様な確認表を、より効果的な学生フォローの実現にご活用ください。

出席管理システムのオプション機能「タブレット出欠管理」

タブレットを出席簿の代わりに利用できます。タッチパネルで入力するほかに、ICカード学生証を利用すればタブレットにかざすだけで出席を取ることができます。すべての教室にカードリーダーを設置する方式に比べ、導入コストを大幅に削減できます。

出席管理システムのオプション機能「Web出欠確認」

学生がスマートフォンから簡単に出席状況を確認できるようになり、出席に対する意識改善を図れます。保護者も同じ情報を閲覧できるので、家庭内でも学生の出席状況を共有できるようになります。

※学生ポータルの一部です。ポータルサイトの詳細は学生ポータルの紹介ページをご覧ください。

※一部オプション・開発中の機能を含みます。

システムの特徴や機能紹介が掲載されたパンフレットを
ダウンロードしてご利用いただけます。

パンフレットダウンロード